Works

施工事例

佐久市 I邸

佐久市内にある個人宅の2部屋改修。


この地域で堅実な仕事をしている建築家による既存住宅部と築50年を経過している元診療所。

かつて営んでいた旧診療所部分を書斎に、既存住宅の旧書斎を応接間とする。

書斎については仕事柄、また読書家で書籍数が膨大な施主の為に、部屋を「本の洞窟」となるよう、空間を構成。 また住環境を整えるために断熱性、空調機器、適度な照明を新設する。

応接間は既存家具を生かし、カラーコーディネートも既存に合わせつつ、明るく、温かい雰囲気に。

堅実なディテール、重厚感のあるインテリアをコストを抑えながら計画している。  


お引き渡し日に早速保管してあった額入りのタペストリーと絵画を飾り、お気に入りの椅子とテーブルを配置。

趣味の良い調度品ばかりなので、部屋ともうまく馴染み、新しい空間が一層引き立つ瞬間であった。

施工業者

篠原建築工業(小海町)